茶の湯をもっと自由に! もっと愉しく! SHUHALLY

SHUHALLY

茶の湯をもっと自由に! もっと愉しく!
Posted on Last Updated

二階堂明弘個展 桜の刻を楽しむ茶会レポート

昨年に引き続き 桜の咲くこの時期 二階堂明弘個展茶会を
SHUHALLYにて開催致しました。

DSC06655

一年という歳月の中 どのように私達や作品が変化したか。
茶会
「年々歳々花相似歳歳年年人不同」

DSC06656

DSC06698

最初の茶会では 西麻布のイタリアンイル バンビナッチョのオーナーシェフ
福田憲一さんをお迎えして 二階堂明弘さんの器で召上がって頂く茶会を開催しました。

DSC06715
DSC06721
DSC06732

前菜からメイン デザートまでとても美味しく またお皿との相性も抜群でした。

席を彩る花は松永有加さん
桜は二階堂明弘さんが地元益子から持って来ました。

DSC06735
DSC06738

2度目の茶会は
料理人に中川ひかりさんをお迎えしての 花がテーマの日本料理 器も会席用です。

前菜
IMG_9674
煮物椀
IMG_9688
八寸
IMG_9711
IMG_9716

ついついお酒もすすみます!
IMG_9687

寿司
IMG_9718

二階堂明弘さんが作品や陶芸について質問に応えます。
IMG_9681

お愉しみの和菓子は wagashi asobi
IMG_9723

銘は「桜蕊降る」さくらしべふる

花待つ、初花から満開、花吹雪、花惜しむ…
人々を楽しませてくれた桜
花びらの絨毯に蕊も落ち
花の季節の終わりを告げる様
いよいよ、若葉の季節の始まりですby wagashi asobi

茶室へ移動です。

IMG_9763

IMG_9766

軸は鈴木猛利さん筆
IMG_9814

御釜も二階堂明弘さん作

IMG_9808

茶席は濃茶と薄茶の続き薄です。

IMG_9772

新作お茶碗の拝見もご馳走ですね。

IMG_9791

IMG_9779

それぞれ表情の違うお茶碗

IMG_9801

同じ作家さんの作品だけで 花器 器 酒器 茶道具全て 構成する茶会でしたが 大変バラエティに富み
見応え 触りごたえたっぷりの時間でした。

また一年経たことによる変わったこと 変わらないもの 改めて見つめなおすいい機会でもありました。

また来年の茶会が楽しみです。一年後この言葉が自分にはどう写るのでしょうか?

IMG_9805

ご参加頂いた皆様ありがとうございました!

陶芸家 二階堂明弘
書家  鈴木猛利
料理人 福田憲一 中川ひかり
和菓子 wagashi asobi
花   松永有加
茶   SHUHALLY

お知らせのトップページ

> > 二階堂明弘個展 桜の刻を楽しむ茶会レポート

サイトマップ